わが町「松江」をご紹介
1.どんなところ?
2.水の都
3.城下町
4.茶の文化
5.温泉天国
6.アウトドア天国
7.主なイベント・行事
8.その他にも・・・

 

 

 

 

 

1.松江はどんなところ?

 弊社のある松江市は島根県東部(出雲地方)に位置し、同県の県庁所在地です。全国的に有名な出雲大社へも車で1時間のところにあります。 また市内各所にも出雲神話や出雲風土記にまつわる名所や神社、古墳、遺跡など歴史的資産が数多くあり、歴史深いところです。

▲ページの先頭へ戻る

2.水の都

 市街地から車で10分ほどのところに日本海があり、また、宍道湖、中海2つの湖に面しています。宍道湖、中海は、海水と淡水が混じった汽水湖で、多様な生物が住んでいることから、2005年にはラムサール条約にも登録されました。

 この宍道湖の多様な魚介類の中でも、スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミは名産珍味の宍道湖七珍で知られています。

 宍道湖と中海を結ぶ大橋川が市内中心部にあり、さらに町の中を堀川が流れていることから松江は「水の都」としても知られています。

 そして宍道湖に沈む夕日は、「神話のふるさと」を象徴するように、とても神秘的で美しく、松江を訪れたら是非ご覧になっていただきたい風景です。

はい。「保険薬局」や「調剤薬局」、「院外処方箋受付」などの名前があればどこの薬局でも薬をもらうことが出来ます。 ただ、その薬の在庫がない場合もありますので、その場合取り寄せの時間をいただくこともあります。


【しじみ漁の様子】


【宍道湖の夕日】
 

▲ページの先頭へ戻る

3.城下町

 市の中心には松江城があり、城下町としての風情も数多く残っています。松江城の近くには武家屋敷や「怪談」で有名な明治の小説家の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の記念館などがあります。お城の周りの堀川を巡る「堀川遊覧船」は、水の都松江を水上から観光できるため、大変人気です。

 新しい観光スポットとして、松江藩が盛えた江戸時代の歴史的、文化的に貴重な資料、遺物等を収蔵・展示する「松江歴史館」が平成23年3月にオープンしました。


【松江城】


【堀川遊覧船】

【小泉八雲旧宅】
 


【塩見縄手】

   

 

▲ページの先頭へ戻る

4.茶の文化

 松江の文化の中で「茶の文化」は大きな特徴です。松江では一般の家庭にも茶道具があったり、普段の生活でも抹茶を飲んだりします。茶の文化を代表する人物として、松江城の藩主であり、「不昧公」と呼ばれた松平治郷が有名です。

 また、茶の文化に欠かせないものとして和菓子があります。松江には、とても美しく、そして美味しい和菓子がたくさんあります。


【明々庵】


【お抹茶】
 

▲ページの先頭へ戻る

5.温泉天国

 島根県内にはたくさんの温泉があります。しかも宿泊しなくても温泉にだけ入れるところがほとんど。料金も300円からと、とてもリーズナブル。温泉の効能は様々ですが、湯の質はとても良いいです。市街地にも宍道湖温泉があったり、玉造温泉があったりと、市内から車で30分以内で行ける温泉場がいくつもあります。もちろんほとんどが露天風呂も完備しています。地元の人は週末ごとに温泉めぐりを楽しんだり、場合によっては毎日温泉という方も。市外まで足を伸ばせば、さらに様々な温泉があります。温泉好きな人にとっては、まさに「温泉天国」なところです。


【玉造温泉】


【長楽園の露天風呂】
 

▲ページの先頭へ戻る

6.アウトドア天国


【釣り】

 宍道湖ではハぜやスズキ、サヨリなども釣れます。少し車で足を伸ばせば10分ほどで日本海に出ます。波止場でアジやイカ、磯ではクロ、マダイ、浜ではキスなどを狙ったりします。マダイなど50cm超のサイズがいくらでも上がるなど、大物を狙うこともできます。斐伊川という大きな川が近くにあったり、山間地へ行けば清流もあります。アユやヤマメ、上流ではイワナと出会うことが出来るかも。


【海水浴ほか】

 夏には海水浴場が多くの人で賑わいます。市街地から海が近いので、気軽に海水浴に出かけることが出来ます。また、バーベキューやキャンプを行う設備、コテージなど宿泊できる環境もあり、夏の海を満喫できます。

日本海の海水浴場は白い砂浜で、海は透明度が高いです。水がきれいなので波打ち際でも小魚がたくさん泳いでいるのが見えます。また岩場もあり、そこではウニやニナガイ、べべ貝(運がよければサザエやアワビと出会うかも)が簡単に見つかります。

ちなみに、ダイビングやシーカヤックなどのマリンスポーツも可能。宍道湖ではウィンドサーフィンを楽しむ人もいます。


【キャンプ他レジャー】

 松江市内に海、山それぞれキャンプ場やコテージがあり、身近に楽しむことが出来ます。少し足を伸ばせば1時間ほどで隣の鳥取県にある大山があり、また島根県内の中国山地沿いや日本海沿いにも様々なキャンプ場がありますので、週末自然の中で過ごすのには絶好のロケーションです。ちなみに冬には山間のキャンプ場はスキー場になり、ウィンタースポーツを楽しむことも出来ますよ。


【ふるさと森林公園】


【北浦海水浴場】

▲ページの先頭へ戻る

7.主なイベント・行事 ( ※ほんの一部の紹介です。)


【水郷際】


【鼕行列】
▲ページの先頭へ戻る

8.その他にも・・・
 


【松江城講演(桜の季節)】


【武家屋敷】

【島根県立美術館】
 


【松江フォーゲルパーク】


【カラコロ工房】

【カラコロ広場】
 


【イングリッシュガーデン】


【青石畳通り】
▲ページの先頭へ戻る

( 詳しくは、松江観光公式サイト「水の都 松江」をご覧ください。)